保険見直しの主目的

生命見直しに関する各保険代理店の宣伝合戦も一段落からそろそろ久しい今日、この作業が届けるメリットが果たしてどの程度広く正しく理解されているのか、疑問を抱かれている方々は、業界関係者のみならず、潜在的に大勢いらっしゃるかと推察されます。配信される宣伝は勿論、新規来訪から自店を窓口に新規契約に至る顧客開拓に他ならず、限られた時間と文字数の中、各代理店が前面に押し出した文言が「保険料が安くなる」なる、広く浅いエンドユーザーの心を捉えるフレーズでした。

その効果が結果、今日の来店型保険代理店が主流となる保険市場の再構築に繋がり、生命保険の四文字は確実に私達にとって身近な存在となりました。街を歩けば各種パンフレットが設置された来店型保険代理店に遭遇し、公共交通機関を利用すれば車内広告が目に飛び込む、これが現在の私達と生命保険なる金融商品との距離感です。

一方で私達が果たして自らが加入している保険契約の内容を、どの程度正しく把握しているかと問われれば、大半の方々が不安な表情を浮かべられるかと思います。生命保険会社名すら曖昧で、保険金額や月々に負担している保険料となれば、即答出来ない方々が多数を占めるかと思われます。結果現在必要な付保内容とは大きくかけ離れた契約内容のまま、自動引き落としで保険料を支払い続けているだけでは、生命保険加入のメリットを正しく活かせているとは言えません。ここでは保険見直しにきてるに際し、幅広い専門知識を有するファイナンシャルプランナーへの相談という選択肢と、そのメリットを皆さんと一緒に検証してみたいと思います。