相談先の選択に際して

保険見直しに対する世間の意識が高まった一時期を経て、私達は確かな自身の生命保険の契約内容に対し、確認の必要性とその作業のメリットを自覚するに至っています。ですが忙しい毎日の中、敢えて貴重な休日を割いてまで、テレビコマーシャルのように家族揃って保険代理店に出掛けるとなれば、足が重いと感じられて当然でしょう。大規模なショッピングモール内の来店型代理店を訪れ、子供達は別行動などが可能であれば別ですが、出来ればより身近で気兼ねの無い、気心の知れた相手との相談レベルでクリアしたいと考えるのも自然な流れです。

既に保険見直し経験を持つ知人や友人、保健に詳しいと思われる同僚など、漠然とした会話から保険見直しに際しての注意点を聞き出し、後は自分自身で証券に目を通せば何とかなると考えがちですが、正直これだけでは保険見直しなる表現に値する効果は期待出来ません。保険の見直しとはあくまで、現在から未来に向け、契約内容だけで想定される万一に備えられているのか、無駄に厚過ぎる、あるいは欠落している保証内容が見当たらないかなど、相応の専門知識と経験値無くして見極めが難しい作業です。

何より既に面識を有する相手への相談の場合、どうしても無意味な先入観や曖昧さが否めず、正確な保険見直しの結果を導き出す事が出来ません。私達が経済社会を生きて行くに際して求められる、幅広い知識を総合的に有する第三者への相談がベストです。